駐車場完備
駐車場完備

歯の相談なら何でもお答え致します。

メモ: * は入力必須項目です

大阪のニュース毎日更新

大阪の天気予報

歯の予防の知恵袋 日々配信中!

地域の歯科医療を考える小泉歯科医院では、患者様の歯の予防のために歯の健康管理や予防ニュースを日々配信しております。 是非参考にして頂き皆様の歯の予防にお役立て下さい。

歯についてのお話し Q&A 豊中市小泉歯科医院

歯についての動画

部分入れ歯

部分入れ歯について

部分入れ歯は、残った歯と部分入れ歯で歯がもっている本来の機能を回復するように設計され、高度の技術を持った歯科医師と歯科技工士により作製されます。部分入れ歯で重要なことは、残すことができる歯をしっかり守り続けることです。つまり、残っているご自分の歯が重要なのです。部分入れ歯自体は、たとえ残っている歯が失われても、修理をして継続して使えるように、あらかじめ設計・作製をしていますが、その部分入れ歯の性能(安定性、咀嚼能力、見た目、はずれにくさ)は、歯を失うごとに低下していきます。 

いろいろな悩みをかかえておられる患者様が多くいらっしゃいます。これらのほとんどは、残っている歯が悪くなり、だめになって起こることです。部分入れ歯の治療では、残された歯をいかに健康に保てるか、が最も重要な課題です。

自費で作る入れ歯の特徴・メリット・デメリット

コスト重視の保険内入れ歯に対して、自費の入れ歯はコストよりも機能、審美性、耐久性を重視しています。様々な要求に応えることができますが、自費の入れ歯は値段に幅があるのも特徴で、150,000円~300,000円程度が多いようです。この金額に、組み込む装置の値段が加わる感じになります。

保険の利かない主な入れ歯は以下の通り。

部分入れ歯の種類

    ノンクラスプデンチャー

入れ歯はバネが見えるからいやだ、歯を削りたくないのでブリッジにはしたくない、インプラント(人工歯根)の手術はしたくない等の患者さんに最適の入れ歯がノンクラスプデンチャーです。新素材を使い新発想により出来ているので、入れ歯とは気づかれず、お口にぴったりと密着すると共に、吸水性がないので臭くならず快適です。もちろんお食事も美味しくいただけます。

マグネットデンチャー

バネを使わず特殊な磁石などを応用した装置を使い義歯をお口の中で安定させます。審美的にも優れている上、義歯のガタつきが少ないです。

金属床の入れ歯

入れ歯の一部を薄い金属(チタン、金、ニッケルクロム、コバルトクロムなどの合金)で作るため樹脂よりも薄く、耐久性があり、清潔で維持しやすいことが特徴。総入れ歯や、部分入れ歯など様々な入れ歯に使われます。デメリットは金属アレルギーがある場合には使えないこと。金属が破損すると修理が困難なこともあります。

アタッチメントタイプの入れ歯

磁性アタッチメント義歯とは、入れ歯と残っている歯のそれぞれに磁石を取り付けることによって、入れ歯の安定感やものを噛む能力を高める方法です。

コーヌス・テレスコープの入れ歯

これは保険外の「かぶせる」タイプの部分入れ歯です。

残っている歯に金属冠をかぶせ、その上からはめ込むようにして入れ歯を装着するので、クラスプが必要ありません。

機能的には非常に優れていると思われますが、技術的に難しいという欠点があるため、行っている歯科医院は多くありません。

ホワイトクラスプ

クラスプに金属ではなく、白いプラスチックを使用したものです。

金属よりもかなり目立ちにくく、今まで使っていた部分入れ歯のクラスプをホワイトクラスプに変える事も可能なので、新たに義歯を作り直さなくて良い場合もあります。