駐車場完備
駐車場完備

歯の相談なら何でもお答え致します。

メモ: * は入力必須項目です

大阪のニュース毎日更新

大阪の天気予報

歯の予防の知恵袋 日々配信中!

地域の歯科医療を考える小泉歯科医院では、患者様の歯の予防のために歯の健康管理や予防ニュースを日々配信しております。 是非参考にして頂き皆様の歯の予防にお役立て下さい。

歯についてのお話し Q&A 豊中市小泉歯科医院

歯についての動画

歯周病

歯周病とは?

歯を支える歯ぐきなど歯の周囲に起こる病気です。
歯の土台の病気なので、進行すると歯がぐらつき、

ついには抜けてしまいます。
歯周病は、日本人が歯を失う1番の原因といわれています。
厚生省(厚生労働省)の調査によりますと、

歯周病の予備軍にあたる人は、10人に7人いることが分かりました。

歯周病の治療方法について

プラークコントロールを毎日続けることが、治療の第一です。

原因となっているプラークを取り除く

プラークコントロールが治療の基本です。
歯と歯の間は歯間ブラシ、もっと狭い隙間はデンタルフロスなどを

補助器具として使います。
※出血や腫れがひどい場合は、抗菌薬を塗布したり内服することもあります。

治療前
治療前
治療後
治療後

歯周病は放っておくとどんどん進行してしまいます。
一度悪くなってしまうとなかなか元には戻りません。
大切な歯を失わないためにも日ごろのお手入れが大切です。
当院では治療内容をわかりやすくご説明しております。

歯周病の予防

歯磨きの習慣と規則正しい生活が歯周病を予防してくれます。
食べたら磨くという習慣をつけることです。
ポイントは正しいブラッシングでプラークを取り除き、

歯周ポケットをつくらないことです。
また、不規則な食生活、偏食、喫煙などの生活習慣を改善することで、抵抗力が高まり歯周病の悪化を防ぐことができます。
※入れ歯など義歯は、普段から清潔に保ちましょう。

歯周病治療例

症例1 若年生歯周炎が放置されていたケース

36歳の女性。前医から歯周病は磨くしかないといわれて、プラークコントロールを一生懸命してきたが、ここ5年くらいで前歯の歯茎がやせて歯の動揺がひどくなってきたため、来院された。歯肉縁下についている歯石などの感 染源の除去がなされていないため、歯周病が進行してしまったことを説明し、治療の必要性をお話ししたところ、「歯周病は治るのですか!もう治らないと思っていました。」と驚かれた。

初診時口腔内

歯周治療終了時

症例2 中等度成人性歯周炎のケース

51歳の女性。歯周病を気にして、プラークコントロールを一生懸命されているため、歯肉の炎症はそれほど目立たないが、歯肉縁下についている歯石などの感 染源の除去がされていないため、歯周病の進行は止まらず、咬合崩壊により上の前歯がフレアーアウトして隙間が出来ている。

初診時口腔内

治療終了時口腔内

症例3 きわめて重度な成人性歯周炎のケース

56歳の男性。右下の大臼歯と小臼歯が2年前、1年前に、それぞれ自然に脱落。歯がぐらぐらして、物がかめない。数年前より、歯周病の自覚はあったが、歯を全部失うのでは、という恐怖から、なかなか来院できなかった。
4年前まで1日に4箱のタバコを吸っていたが、歯が自然脱落したときに、このままでは大変なことになると思い、以後喫煙していない。
希望として、1本でも多くの歯を残し、自分の歯でかめるようになりたい。

初診時口腔内

治療終了時口腔内

症例4 上顎をフルブリッジで補綴したケース

58歳の女性。左上の6番がぐらぐらして、痛くて咬めないとの事で来院された。右上の6番7番の大臼歯はすでに歯周病で失われており、部分床義歯を作ったが、違和感と痛みのためはめておくことが出来ず、使っていない。そのため、主に左側で咬んでいたが、今回左上の6番が痛くなり、食事が出来なくなってしまった。

初診時口腔内

治療終了時