駐車場完備
駐車場完備

歯の相談なら何でもお答え致します。

メモ: * は入力必須項目です

大阪のニュース毎日更新

大阪の天気予報

歯の予防の知恵袋 日々配信中!

地域の歯科医療を考える小泉歯科医院では、患者様の歯の予防のために歯の健康管理や予防ニュースを日々配信しております。 是非参考にして頂き皆様の歯の予防にお役立て下さい。

歯についてのお話し Q&A 豊中市小泉歯科医院

歯についての動画

審美歯科

素敵な笑顔を現実する 審美歯科

「審美歯科」とは、歯並びや歯の形、色などを美しく整えるための歯科治療。ただし、見た目だけをキレイにするのではなく、見た目の美しさに焦点を当てながら、噛む機能も整える総合的な歯科治療です。お口を美しく健康にして、素敵な笑顔を実現するために、審美歯科治療をお勧めします。

保険と自費の材質について

<保険の材質>
現在の保険制度で使用できる、歯の色と同じような色の素材が、レジン(プラスチック)です。強度の問題から、レジンの歯は犬歯から犬歯の間(上下で12本)にしか適用されません。

材質的な特性としては、透明感がないこと、水分を吸収するため時間と共に変色すること等が挙げられます。またプラスチックは磨耗しやすく内部の金属が表に出る可能性があります。一時的に入れる歯としては充分ですが、変色や着色を嫌う方、口元に美しさを求める方には不向きです。


<自費の材質>
最も歯に近く理想的だといわれているものが、セラミック(陶材)です。
セラミックは、自然の歯のように透明感があり、

水分を吸収しないため変色も起こりません。
また色調の再現性に優れています。セラミックの中には幾つかの種類があります。

自費審美歯科で使用する素材・処置

オールセラミック

すべてセラミックでできており、天然の歯とほぼ変わらない自然な美しさがある素材です。稀に強い衝撃によって割れることがあります。

メタルボンド

金属のフレームにセラミックを焼き付けた素材です。適度な強度と美しさがありますが、金属アレルギーの原因になる可能性があります。

ラミネートベニア

前歯の表面を薄く削って、薄いつけ爪のようなセラミックの板を貼りつける処置です。歯の形をある程度整えられるほか、歯の色を白くできます。

通常の歯科治療では、プラスチックや金属の素材を使用することが一般的ですが、審美歯科では、セラミックやジルコニアなど最新の生体親和性(体が異物と認識しにくい)に優れた材質を使用することで美しく自然な歯を再現する事が可能になります。


              術前 Before

              術後 After


時間経過により、金属が露出して隙間が黒く見えます。

オールセラミックは金属を使っていないので、隙間から金属が見えることがなく、ご自分の歯とほとんど見分けがつきません。


最新素材「ジルコニア」による審美症例

■ ジルコニアとは?

ジルコニアとは?(酸化ジルコニウム、ZrO2)はジルコニウムの酸化物で、耐熱性や生体親和性などを持つことから近年注目されている材料です。身近なところではCMなどでよく見かける白いセラミック製の包丁などが挙げられます。また、あまり知られていませんが、スペースシャトルの外壁(耐熱性)や人工関節(生体親和性)などにも使用されています。

 

■ ジルコニアは、その結晶構造の違いにより用途が異なります

● 単結晶構造

人工ダイアモンドまたはキュービックジルコニアとも呼ばれ、広く宝飾品に使用されています。

その昔、質屋も騙されたほどダイアモンドに酷似しています。

● 多結晶構造

耐火物や研磨材、ファインセラミックとして使用されています。このファインセラミックの使用方法のひとつとして、歯科材料(ジルコニアフレーム)があります。

細かい結晶からなる結晶体は、高強度かつ高靭性を有し、滑らかに磨くと他のセラミックにはない光沢を放ちます。

ジルコニアを用いたオールセラミックブリッジ

オールセラミックによる治療は、メタルフリーであることから金属アレルギー対策の点からも注目されていますが、強度の問題からブリッジには不向きとされていました。
最近になってジルコニア(ZrO2)という非常に強い強度(900~1300Mpa)持つセラミック材が歯科においても用いられるようになってきました。

歯科で用いられるジルコニアは純粋な酸化ジルコニウムに、イットリア(Y2O3)等を加えて、結晶の構造を安定化させた「安定化ジルコニア」と呼ばれるものです。融点が2700℃と非常に高いため、スペースシャトルの断熱保護材、F1カーのブレーキ部分など、様々な用途に用いられています。

ジルコニアが強度、靭性などの機械的特性に優れる理由は、破損の原因となる亀裂が伝わるのを、結晶構造の変化によって阻止するからです。これは「応力誘起相変体強化機構」と呼ばれていて、破壊の原因となる亀裂の伝播を正方晶から単斜晶への相変態によって阻止し、亀裂先端の応力集中を緩和する特異なメカニズムだそうです。

ダイヤモンドに匹敵するほど硬いジルコニアですので、加工が大変に難しいのですが、近年発達してきたコンピューターを用いたCAD/CAM技術により、きわめて高い精度で削りだして製作することが可能になってきました。


右上中切歯から犬歯にかけてのブリッジ。形成終了時の状態。

出来上がったジルコニアのフレームを口腔内に試適したところ。



適合状態は非常に良好。

適合状態は非常に良好。

口腔内にセットされたオールセラミックブリッジ。


ジルコニアオールセラミックによる修復


治療前

治療後


ジルコニアオールセラミックによる修復です。金属を使用していないクラウンですので、金属を口腔内にいれたくないという方にも安心できます。また検査をしてからの施術となりますので、当医院にお越しの上、ご相談してください。