駐車場完備
駐車場完備

歯の相談なら何でもお答え致します。

メモ: * は入力必須項目です

大阪のニュース毎日更新

大阪の天気予報

歯の予防の知恵袋 日々配信中!

地域の歯科医療を考える小泉歯科医院では、患者様の歯の予防のために歯の健康管理や予防ニュースを日々配信しております。 是非参考にして頂き皆様の歯の予防にお役立て下さい。

歯についてのお話し Q&A 豊中市小泉歯科医院

歯についての動画

妊婦の歯が危ない! 妊娠中の口内トラブルに最適な治療とタイミングとは

妊娠すると虫歯や歯槽膿漏など、口の中のトラブルが起きやすくなります。しかし妊娠中はやってはいけない治療があり、歯の痛みに耐えながら出産なんてことになるかも。

 

妊娠中、歯を治療するタイミングについて覚えておきましょう。

 

■妊娠中に増える口内トラブル

 

妊娠するとホルモンバランスが大きく変化するため、口内トラブルが増えます。唾液の分泌量が減って口の中の汚れがきれいにならず、細菌が繁殖しやすくなるためです。

 

つわりで歯磨きをすると気分が悪くなることもあるため、ケアをさぼりがちになる場合もあり、注意が必要です。

 

妊娠中は免疫力もさがるので、虫歯や歯茎のトラブル、口内炎をおこしやすくなります。では、どのような治療をしたらいいのでしょうか。

 

■妊婦は虫歯の治療ができない!?

 

妊娠中は胎児の月齢によって、歯科医院で受けられる治療が変わります。特に妊娠初期は注意が必要です。

 

歯にトラブルがあれば、かかりつけの産婦人科医に相談してから歯科医院を受診します。妊娠中であることを必ず歯科医師に伝えてください。歯の痛みを抑えるために市販の鎮痛剤は飲むのは、絶対にやめましょう。

 

●妊娠初期(妊娠超初期~妊娠4ヶ月)

つわりのため治療に支障が出やすい時期です。歯科医院でのストレスで母体に過度の負担がかかると、切迫流産の危険があります。歯を削るなどの本格的な治療は避け、応急処置のみをおこないましょう。

 

●妊娠中期(妊娠5ヶ月~妊娠7ヶ月)

最も妊娠中の歯科治療に適している時期です。出産後は赤ちゃんの世話におわれて受診ができず、虫歯を悪化させるママは多いので、ここでしっかり治療しておきましょう。

 

●妊娠後期(妊娠8ヶ月〜妊娠10ヶ月)

お腹が大きくなるので、歯科医院で椅子に座る態勢が負担になります。お腹への圧迫で、早産や陣痛が起きるリスクがあるので長時間の治療は避け、妊娠初期と同様に応急処置のみをしてもらいましょう。