駐車場完備
駐車場完備

歯の相談なら何でもお答え致します。

メモ: * は入力必須項目です

大阪のニュース毎日更新

大阪の天気予報

歯の予防の知恵袋 日々配信中!

地域の歯科医療を考える小泉歯科医院では、患者様の歯の予防のために歯の健康管理や予防ニュースを日々配信しております。 是非参考にして頂き皆様の歯の予防にお役立て下さい。

歯についてのお話し Q&A 豊中市小泉歯科医院

歯についての動画

歯槽膿漏の症状と原因・治療法について

歯槽膿漏とは歯周病の中でも、進行した状態を表すのに用いられる病名です。

歯茎から血や膿が出るようになり、進行すると歯が突然抜けてしまうこともあります。

歯槽膿漏の原因や治療法などについて、ドクター監修の記事で解説します。

 

歯槽膿漏とは、一般に歯周病とほぼ同じ意味で使われていますが、歯周病の中の歯周炎という病気で歯茎から膿が出るような状態のことです。

歯周炎(歯槽膿漏)になると、出血や腫れなどの症状がひどくなるだけでなく、歯を支えている歯槽骨という骨が溶け、歯を支えることができなくなります。

歯周炎(歯槽膿漏)とは

歯周病の原因菌が持っている毒素によって、歯の周りの組織が破壊される病気を歯周病といいますが、以前は歯槽膿漏とも呼ばれてきました。

現在では、炎症が歯肉に留まっている初期の状態を歯肉炎、進行した状態を歯周炎として分類されます。

歯周炎(歯槽膿漏)の原因は歯周病の原因菌によるもの

歯周炎(歯槽膿漏)の原因は、細菌のかたまりであるプラーク(歯垢)です。

1mgのプラークの中には、10億以上の細菌が潜んでいるといわれます。

プラークは表面にバイオフィルムという強い膜状のものを形成するため、空気を嫌う性質を持つ歯周病の原因菌は、プラークが熟成するとどんどん増殖を続けます。

増殖した歯周病の原因菌の毒素により、歯周組織にダメージを与えます。その結果、炎症などさまざまな症状が現れます。

歯周炎(歯槽膿漏)の症状

初期の歯肉炎の段階ではほとんど無症状ですが、歯周炎(歯槽膿漏)へと進行するにつれ、歯茎の違和感や出血、腫れなどが現れます。

進行した歯周炎(歯槽膿漏)と呼ばれる状況では、歯と歯茎の間の歯周ポケットが深くなり、歯周病の原因菌はさらに増殖します。

歯周病の原因菌が持つ毒素によって歯周組織の破壊が進み、歯が支えられなくなるために、ぐらつくなどの症状が現れます。

最終的には、歯が抜け落ちてしまうことになります。

歯周炎(歯槽膿漏)の治療法

歯周病の治療の基本は、プラークの発生を抑えること(プラークコントロール)です。

日々のブラッシングが基本ですが、歯石が形成されるとセルフケアでは落とすことができなくなるため、定期的に歯科医院で歯周病の検査とクリーニングを行っていくとよいでしょう。

クリーニングで改善しない場合は、歯周ポケット内の歯石や汚染した歯根の表面を除去するルートプレーニングが行われます。

 

しかし、歯周炎(歯槽膿漏)と呼ばれる状態まで歯周病が進行している場合、十分な治療効果が得られない場合もあります。

その場合には、クリーニングやルートプレーニングを行った後に、歯茎を切開してから歯の根の部分にある歯石やプラークを除去する外科的治療を併用することもあります。