駐車場完備
駐車場完備

歯の相談なら何でもお答え致します。

メモ: * は入力必須項目です

大阪のニュース毎日更新

大阪の天気予報

歯の予防の知恵袋 日々配信中!

地域の歯科医療を考える小泉歯科医院では、患者様の歯の予防のために歯の健康管理や予防ニュースを日々配信しております。 是非参考にして頂き皆様の歯の予防にお役立て下さい。

歯についてのお話し Q&A 豊中市小泉歯科医院

歯についての動画

豊中・庄内のニュース  小泉歯科院豊中

豊中市や庄内の地元の話題やニュースを配信しています。

道路整備 延焼遮断へ 府と豊中市、密集地解消で連携

巨大地震の発生時に火災などで被害拡大の恐れがある「密集市街地」の解消に取り組む大阪府の「密集市街地対策推進チーム」は5日、密集市街地が府内で2番目に多い豊中市の市役所で会議を開いた。

同市内で整備が進んでいる延焼遮断効果が期待される市道と府道について、整備促進を確認した。

同市内を南北に走る市道「穂積菰江線」(計約2キロ、幅員16メートル)と、東西に走る府道「三国塚口線」(計約1・1キロ、幅員27メートル)は、密集市街地に指定されている同市庄内地区で交差している。

大阪日日新聞

とよなか市民健康展

第41回とよなか市民健康展を開催します。

イベントの情報については随時こちらのページでお知らせします。

開催日時

 

平成28年(2016年)10月2日(日曜日)

午前10時から午後4時まで(受付けは午後3時まで)

(警報が発令された時など中止となる場合があります。中止の際はこのページでお知らせしますのでご確認ください。 なお、中止となった場合は延期いたしません。ご了承ください。)

内容

 

健康展の内容については、ポスターやチラシでご紹介しています。

市役所や医療機関などに設置していますのでご覧ください。

また、広報とよなかでも随時お知らせする予定です。

開催場所

 

中央公民館(豊中市曽根東町3-7-3)

アクア文化ホール(豊中市曽根東町3-7-2)

当館に駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。

豊中市

音の反響「良い」 豊中市立文化芸術センター

8月に完成した豊中市立文化芸術センターで5日、内覧会があり、来年1月のグランドオープンを飾るコンサートを行う歌手の谷村新司さんが「始まりの日は1日しかない。

(共演する)日本センチュリー交響楽団と心を合わせて最高のものをお聞かせします」と意気込みを語った。

大阪日日新聞

毎小活用し授業、豊中の教職員ら40人参加 /大阪

豊中市教職員組合主催の「小学生新聞を使った総合学習のつくり方講座」が2日、豊中市内であった。

前毎日小学生新聞(毎小)編集長の三野雅弘・毎日新聞論説委員が講師を務め、同市内の小中学校教職員ら約40人が参加した。

每日新聞

西淀川、大正 別高校に統合 能勢は豊中分校に

また、府内最北端で生徒が減少している能勢高(能勢町)は豊中高の分校にする。町内の中学3年が100人を切る中、再編整備の手法を検討してきた。

 

 能勢高の教育内容を充実させつつ、国際交流の取り組みといった共通点がある豊中高を選定。移動には1時間半以上かかるため日常的な行き来は困難だが、学校行事などで連携するほか、ネットを活用した遠隔授業の導入を検討する。府立高で分校が設置されるのは、富田林高(富田林市)の千早赤阪分校が1998年度末に閉校して以来。

 

 向井正博教育長は会議後、記者団に「公立中学の生徒数減少に伴い、適正な配置を推進する観点から再編整備を進めるのは不可欠」と話した。

 

 再編整備案は府議会の議論を踏まえ11月の教育委員会議で最終決定する。

「寅さん」貸します 山田洋次監督の名誉市民記念

大阪府豊中市立岡町図書館(岡町北)に1日、同市出身の映画監督・脚本家の山田洋次さんへの名誉市民贈呈を記念した「名誉市民 山田洋次ライブラリー」が開設された。

山田さん著作の図書や山田映画作品の評論図書、日本映画に関する図書のほか、「男はつらいよ」シリーズなど映画のDVD86点の展示、貸し出しを行っている。

大阪日日新聞

大ガス、防災クッキング開催…サバ缶使用のハンバーグにも挑戦 大阪・豊中

9月の防災月間にちなんだ料理講習会「家族で学ぼう!チャリティ防災クッキング」が4日、豊中市新千里東町の「クッキングスクール千里」で開かれ、家族連れ22人が缶詰などを使った非常時の防災食作りに挑戦した。

 

 大阪ガス主催で、防災・食育・環境教育を通じた社会貢献を進めるのが狙い。     サンケイ新聞

地域と共鳴…大阪音大創立100年

豊中市の大阪音楽大(◎)が今秋、創立100周年を迎えた。

関西唯一の音楽専門大学として演奏家や教師ら約3万5000人を輩出する一方、学生らは地元で楽器を手に多彩な音楽活動を展開。

地域とのつながりを深めている。(小坂田基)

「いい声は、まず、いい姿勢から。硬くなったらだめ。リラックスして」


 市立大池小学校の体育館で先月23日、声楽を学ぶ中村理子さん(22)が4年生115人に語りかけた。


 同大学は地域貢献のため、学生らが市内の小中学校で授業や部活動を手伝う「サウンドスクール事業」を実施。中村さんら2人は合唱と合奏を指導した。

続きはこちらからご覧下さい。 読売オンライン