駐車場完備
駐車場完備

歯の相談なら何でもお答え致します。

メモ: * は入力必須項目です

大阪のニュース毎日更新

大阪の天気予報

歯の予防の知恵袋 日々配信中!

地域の歯科医療を考える小泉歯科医院では、患者様の歯の予防のために歯の健康管理や予防ニュースを日々配信しております。 是非参考にして頂き皆様の歯の予防にお役立て下さい。

歯についてのお話し Q&A 豊中市小泉歯科医院

歯についての動画

歯の予防のための知恵袋 記事 小泉歯科院 豊中

歯周病が全身疾患を引き起こす――専門医が語る“本当の怖さ”と対策 (1/2)

フィリップスが歯周病予防のために開発した新しい電動歯ブラシ「ソニッケアー ガムヘルス」。

8月18日に都内で行われた発表会では、誠敬会クリニック内科・歯科の田中真喜理事長が登壇し、専門医の立場で歯周病の実態を語った。

歯周病は、かつて「歯槽膿漏」(しそうのうろう)と呼ばれた腔内疾患だ。原因は細菌感染で、症状としては「歯茎から血が出る」「歯茎が下がってくる」「口臭」など。そして重症になると歯がグラグラしたり、抜け落ちたりしてしまう。

ライフスタイル

「いい歯科医」の条件 スタッフ定着率が高く待ち時間短いこと

多くの人が一度はお世話になったことがあるのが歯科医だ。虫歯がたくさんあるという人、歯周病だという人、すでに入れ歯だという人など、いろいろなケースがあるだろうが、歯の健康がいろいろな病気に関係しているとも言われており、しっかりとした歯の治療を受けたいところだ。

 そこで、歯科医に「いい歯医者の見分け方は?」と聞いてみると、ほぼすべての先生が「いちばんよく聞かれ、いちばん困る質問」と言う。

 しかし、ほとんどの歯科医に共通していたのが「スタッフの定着率が高く、待ち時間が短い医院」という回答。みんなの歯科ネットワーク・副理事長で歯科医の大塚勇二さんはこう話す。

ガジェット通信

重度の歯周病は認知症、脳出血、心筋梗塞の引き金にも

世界でいちばん多くの人がかかっている病気としてギネスに載った歯周病は、30~50代で約8割、60代では約9割が罹っているといわれる国民病。それゆえ、歯周病になってもあまり重く受け止めず、歯茎が赤っぽくなっている程度では気にも留めない人が多いのではないだろうか。

 歯周病は、歯と歯肉の境目の溝に歯周病菌が溜まり、歯肉が炎症を起こしたり、ひどくなると歯を支えている骨が溶け、歯が抜け落ちてしまう病気だ。

ガジェット通信

歯がなくなったあの人に伝えたい本当の危険

あなたはちゃんと歯のメンテナンスができていますか?筆者は歯科医師としての知見や経験を基に、歯や口周りの情報を「ムシバラボ」というサイトで発信していますが、その中でも強く訴えていることの一つが、歯周病の予防と治療の重要性です。

 

日本歯科衛生士会ホームページより概要を抜粋しますと、歯周病とは「歯肉・歯根膜・セメント質・歯槽骨で構成される歯周組織が、口の中の細菌感染によって破壊される慢性炎症性疾患のこと」で、成人だけではなく小・中学生などの若年層も多く罹患(りかん)しているとされています。

東洋経済

理想の歯磨き回数は1日3回毎食後 しかし3回以上磨けている人は4人に1人

インターワイヤードは、同社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEで、「歯磨き粉」についてアンケートを行い、使い方や重視点、使用状況についてまとめた。調査は2016年4月6日~4月22日にかけて実施し、DIMSDRIVEモニター3,801人から回答を得た。

 

 まず、1日の歯磨き回数を尋ねたところ、「2回以下」の人は7割強で、3回以上磨けている人は24.7%と、4人に1人程度の割合だった。男女別で見てみると、男性は3回以上歯磨きをする人は2割を下回るが、女性は3割を超え、さらに性年代別でみると、女性20代では4割を超える。女性の、特に20代で歯磨き意識が高いとしている。

エコノミックニュース

もしかして…口が臭い?歯槽膿漏は口臭の素。正しいブレスケアとは

歯槽膿漏(歯周病)は、多くの方が聞いたことがあると思います。

正しく歯ブラシやケアをしているつもりでも、いつの間にか歯槽膿漏になって、口臭がでていたなんてことも…歯槽膿漏について理解して嫌な口臭を予防しましょう。

WELQ

整備中の機体を間近に 大阪・豊中市民ら、伊丹空港のANA工場で見学会

大阪(伊丹)空港の全日空(ANA)の機体整備工場(大阪府豊中市箕輪)で、整備中の旅客機を間近に見ることができる見学会が開かれた。

 

 見学会は、地元の空港を身近に感じてもらおうと、同市蛍池中町の市立蛍池公民館が平成25年から開催している人気企画。ANAの国内の機体整備工場は、大型機中心の羽田と、中小型機中心の伊丹の2カ所のみで、今年は午前と午後の2回の見学会に計49人の市民が参加した。

 

 まずANAグループ社員から代表的な旅客機の機体の仕様や構造などについての説明を受けた後、整備工場の中に入り、整備中のボーイングB737-800などの巨大な機体を見学。同市本町の矢倉健さん(65)は「普段は見ることができない整備中の機体の様子は大変興味深かった」と話していた。

地元飲食店が企画する新豊中名物“マチカネ(ワニ)ミート”を実食リポート!

新店や新メニューから、数年後のビッグプロジェクトまで、仕事柄、さまざまな飲食業界の情報や依頼が日々入ってくる。

それらはの内容を確認して自分の持っている連載企画に生かしたり、情報誌のニュースページに売り込んでみたりする毎日。

そんな中、キャッチしたのが、“豊中のワニグルメ”。

「これはグルメスクープ向きのネタだ!」と豊中へ直行した!